ダイソーのガラスフィルムがコスパ最強!Amazonよりいいかも

シェアする

iPhone用ガラスフィルムをダイソーで購入してみたら、コスパ抜群でした。

100枚近くガラスフィルムを張り替えてきた僕的に、現在最強です!

この記事では、ダイソーのガラスフィルムがいかに最強なのかをお伝えします。

レクタングル(大)広告

ガラスフィルムは値段が全てです

まずガラスフィルムの選択について、僕的に最も重要な項目は値段です。

なぜなら、ガラスフィルムは落としたらすぐに割れるから。

分厚い衝撃吸収素材のケースを付けているならマシでしょうが、バンパーや薄型ケースを常用している僕のiPhoneのガラスフィルムは、それはもう本当に、一瞬です。

なので、僕は出来るだけ安いガラスフィルムを、日々探し続けています。

そこで、ダイソーの100円ガラスフィルムが最強となるわけです。

1年前くらいまでは、アマゾンでも90円台のガラスフィルムが販売されてたのですが、最近はかなり値段が高くて、安い物でも数百円はしています。

値段が全てと思っている僕的には、それだけでもう最強なわけです。

100均のガラスフィルムの品質

ガラスフィルムが出始めた当時は、1枚3000円もする様な高級品だったので、そのイメージを持っている方には100均のガラスフィルムの品質が心配になる方もいるでしょう。

しかし、ガラスフィルムの値段と品質は全く比例していません。

僕はこれまで、友人家族の物も含め100枚近くのガラスフィルムを見てきましたが、100円だろうが、1000円だろうが、使われているのはガラスなので、耐久性や、透明感は特に変わりません。基本性能は同じです。

高価なガラスフィルムのメリットとしては、周囲のラウンド部分までカバーできるように、樹脂素材がくっ付いていたり、指紋防止のコーティングがしてあったり、貼り付け用のガイドが付属していたり、その程度です。

もちろん、上記のメリットに惹かれるのであれば、高価なガラスフィルムを購入すればいいですが、僕は買いません。だってすぐに割れるから。

ダイソーガラスフィルムの紹介

では、僕が購入したダイソーのガラスフィルムに入っている物を紹介しましょう。

写真のパッケージの物を購入しました。

注意点で、ブルーライトカットの物も販売されていますが、これは個人的になしです。

画面全体が青くくすみ、非常に見難くなりました。

この記事の様になります。

ダイソーのガラスフィルムはダメ?おすすめの激安ガラスフィルムの紹介
iPhoneで使う液晶保護フィルムですが、僕はガラスフィルムを愛用しています。 iPhoneを落としたりするとガラスタイプはヒビが入る...

付属品

パッケージを開けるとガラスフィルムの他に付属品として、ホコリ吸着シート、クリーニングクロスが同梱されています。

よくあるアルコールタイプのクリーニングシートは入っていませんでした。

フィルムの形状

iPhone Xの場合、ガラスフィルムの上部は画像の様に切り欠かれています。

スピーカーや、インカメラ、顔認証センサーの部分が露出する構造で、実際に画面が映る部分のみ、フィルムがかかります。

この部分は、ガラスフィルムが被っても問題なく使用できたので、スピーカーの穴だけで良かったと思います。唯一の欠点です。

フィルムの端は全てラウンドエッジ加工で、ホームボタンの代わりに多用する下から上へのスワイプもスムーズに行えます。

厚みは0.33mmで標準的な厚みです。薄型の物より、多少は割れにくいです。

後、「埃、油分がつきにくい」と言う表記がパッケージにありますが、水の弾き方が弱いので、おそらく指紋防止コーティングはされていません。

ガラス本来の特性を書いているだけだと思います。

実際の使用感については、上でも書いた通り、100円のフィルムをナメるな!と言う感じで、全く問題なく使用できています。

フィルムの端が浮いたりと言った事も起きていません。

まとめ

ダイソーのガラスフィルムが最強ですよ!と言う記事でした。

たまに見かけるのが、ガラスフィルムがバッキバキになっている人。

一部が剥がれて、本体が割れているんじゃないのかと思うような物まであります。

個人的に、ガラスフィルムがバキバキの人と言うのは、靴下が穴開いてたり、爪の中が真っ黒になっている人と同じような嫌悪感があります。そう思っているのは多分僕だけじゃないはず!

ガラスフィルムの張替えは、もうすでにマナーの一つとなっているのではないでしょうか。

割れている方は今すぐ、ダイソーでガラスフィルムの張り替えをおすすめします。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする