クーラーボックスの匂いを完全に消す方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

クーラーボックスのカビ臭い匂いや、魚臭い匂いを一度で完全に消す方法を紹介します。
キャンプ、アウトドアや釣りなど、生ものを入れる機会が多いクーラーボックス。
しっかり洗剤で洗っていても、どうしても取りきれない匂いが残ってしまいます。

今回はそんなしつこい匂いを、確実に取り切る方法を紹介します。

レクタングル(大)広告

どうしても匂ってしまうクーラーボックス

キャンプ、BBQ等、アウトドアもそうですが、特に厄介なのが釣りに使った時のクーラーボックス。酷い時はゴミ箱と同じ匂いがします。

洗剤で徹底的に洗っても、次に使う時にはまた生臭い匂いになっています。

釣り具メーカーから販売されているクーラーボックスは、消臭剤を練りこんだ樹脂が使われていたりしますが、それでもやはり匂いは残っています。

マジックリンで洗っても、キッチンハイターで洗っても、これでどうだ!とサンポールで洗っても多少はマシにはなりますが完全には取り切れません。

一応、食品を直接入れる物なのでなるべく清潔にしておきたいですが、匂いだけで言ったらゴミ箱に食べ物を入れているような状況です。

そんなひどい匂いのクーラーボックスでも、一発でほぼ無臭にしてしまう洗浄方法があります。

匂いの取り方

1. 内部の洗浄

まずはクーラーボックスの中を徹底的に洗浄します。

食器洗い洗剤でも構いませんが、可能であればゴム手袋をしてキッチンハイター(漂白剤)原液で洗うのが確実です。

忘れやすいフタに付いているパッキンも取り外し、その溝の中まで洗浄しましょう。

水抜き栓が付いている物は、穴やその周辺もしっかりと洗い、栓自体もキレイに洗います。

とにかく徹底的に洗う事が大切です。

ハイターで洗う事でだいぶ匂いは取れますが、油断してはいけません。

数日後にはまた匂いが戻ってくるので、最後まで進めましょう。

2. 本体の浸け置き

徹底的に洗浄したクーラーボックスを、次はキッチンハイターで数日間浸け置きします。

水で希釈するのですが、ハイターの量ははなるべく多い方が効果があります。僕は25Lのクーラーボックスで、小さいボトル2本、約1200mlをぶち込みました。

ホームセンターやドラッグストアに行けば、有名な「花王 キッチンハイター」よりも安価に買える物があるので、そちらがおすすめです。

クーラーボックス専用の洗浄剤も販売されています。

ハイターや、洗浄剤を入れた後に、水(出来ればぬるま湯)を溢れるギリギリまで入れます。

この時取り外したパッキンやベルト、匂いを消したい釣り具等を同時に浸けてしまいましょう。

特に浸ける物がない時は、水を入れたペットボトルを先にクーラーボックスに入れておくと、ハイターや洗浄剤の量が節約出来て、より高濃度の液で浸ける事が出来ます。

3. フタの浸け置き

最後にクーラーボックスのフタを浸けます。

フタが外れる構造であれば、裏返したフタにキッチンペーパーや不要な布切れを敷いて、ハイター原液を染み込ませます。

さらに隙間がないようにラップでグルグル巻きにしてしまいます。

それをクーラーボックス本体に通常通り被せロックして完成です。

浸け置きの時間は、出来れば数日程度置いた方が確実でしょう。長ければ長いほど良いとは思いませんが、一週間も置かなくても大丈夫です。

僕のまあまあ匂うクーラーボックスでは、2日間の浸け置きで完全に消臭することが出来ました。

4. 最後に水洗い

数日浸け置き後、最後に徹底的に水洗いします。

特にフタは空気穴の中まで入り込んでいる可能性があるので、その中まで水ですすいだ方が良いでしょう。

その後、乾燥させて完成です。

まとめ

クーラーボックスのしつこい匂いを完全に除去する方法で、今回はキッチンハイターで浸け置き洗いする方法を紹介しました。

結構匂っているクーラーボックスでも、一度で完全に除去する事ができました。

使うたびするには今回の方法は少し面倒ですが、シーズン終わりや年末など、完全に匂いを取り切って保管したい時におすすめの方法です。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加