スリングライフル(パチンコ)を自作して鴨を獲る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スリングショット(パチンコ)の進化版、「スリングライフル」を自作して、実際にそれを使って鴨を獲る方法を書いています。

「えっ?そんな事していいの?」と思うかもしれませんが、銃刀法、狩猟法と言った法律やマナーを守れば誰でも鴨を獲る事が出来ます。

この記事ではスリングライフルを使った鴨の捕り方、これらに関連する法律について紹介します。

レクタングル(大)広告

スリングライフルについて

まず「スリングライフル」について簡単に説明しておきます。

パチンコと言うのはわかるかと思います。ワンピースのウソップが使っている物ですね。二股になっている棒の先にゴムを取り付けて、小石や小さな弾を飛ばす物です。

これの正式名称は「スリングショット」と言うのですが、これをライフルの形にしたのが今回作成した「スリングライフル」です。

スリングライフルの構造

普通のスリングショットでは、弾を打つ時は手でゴムを引いて放しますが、その時の微妙な力加減や引っ張り具合によって、正確に狙いを定めるのは至難の業です。僕も持っていますが、5m離れた所にある空き缶すら中々当たりません。

そこで弾をレールで挟み上下左右にブレないようにした上で、後ろからゴムの力で押してやると、毎回ほぼ同じ位置に打つことが出来ます。

全く同じサイズの弾が必要なため、今回作ったスリングライフルでは、パチンコ玉を使っています。

ゴムを引いた状態で固定できるように発射装置も取り付けています。

トリガーを引けば固定金具がゴムを開放して発射される単純な構造です。

狙いを定めやすいように、上部にはスコープも取り付けています。

法律について

このようなスリングライフルを作って鴨を獲るためには、「銃刀法」、「狩猟法」、「軽犯罪法」などの法律を守る必要があります。

何でも自由に出来る訳ではなく、スリングライフルの構造や、狩猟をしていい期間や場所、運搬方法などが法律によって規制されています。

銃刀法

スリングライフルの構造については、主に銃刀法で制限されています。

銃刀法とは「銃砲刀剣類所持等取締法」の略称で、銃砲や刀剣類は許可された者だけが所持できて、一般人は所持してはいけないと言った内容の法律です。

この法律の中で銃の定義があり、スリングライフルを自作するにはそれに抵触しないように作らなければいけません。

「銃砲」とは、拳銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。

以上が銃の定義なのですが、ここで「銃」とされているのは、金属性弾丸を発射できる「装薬銃」「空気銃です。

装薬銃は火薬の爆発を発射エネルギーとした銃で、空気銃は圧縮空気を発射エネルギーとした銃の事です。

スリングライフルではゴムの力で弾を発射するため、たとえ弾が金属であっても法律的には「銃」とは定義されていません。この場合威力についても規制されていないので、普通に作ればどれだけ強力であっても銃刀法違反にはならないと言う事です。

狩猟法

鴨の獲り方については狩猟法で決められています。

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と言う、とても長い名前が正式名称です。

この法律は、鳥獣の保護や管理、狩猟の適正化についてが主な内容です。鳥類や哺乳類の狩猟のやり方について、動物の種類、期間、場所、方法がここで細かく制限されています。

全て書くととても長くなってしまうので、今回は鴨に関するところだけ書いています。

全て知りたい方は下のページが参考になります。

狩猟制度の概要-環境省

狩猟出来る動物

鳥類28種類、哺乳類20種類が、狩猟をしてもいい獲ってもいい動物です。

逆に言うと、ここに載ってない鳥類、哺乳類は狩猟の対象にしてはいけません

もちろん鴨はここに入っています。

狩猟してもいい期間

狩猟してもいい期間は北海道北海道以外かにによって違います。

一年の内で3か月間だけが狩猟出来る期間です。

  • 北海道は、毎年10月1日~翌年1月31日
  • 北海道以外は、11月15日~翌年2月15日

狩猟出来る場所

基本的にはどこ獲ってもいいのですが、鳥獣保護区と言う狩猟が禁止されている区域もあります。

また、市街地などでは特定の道具(銃など)を使用してはいけない区域があります。

狩猟の方法

動物の捕り方「猟法」が制限されていて、一部免許が必要な物もあります。

スリングショットやパチンコについては、特に禁止されていません。もちろん免許もいりません。

軽犯罪法

さまざまな軽微な秩序違反行為についてがこの法律の内容です。

狩猟する場所まで道具を持って行く時に注意しておかないといけないことがあります。

・凶器携帯の罪

正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者

以上のような内容が軽犯罪法にありますが、これは不必要に凶器になりそうな物は携帯してはいけないと言うことです。

カッターナイフや野球のバットでも凶器だとされるので、スリングライフルも間違えなく凶器となってしまいます。

ただ、正当な理由があれば大丈夫。今回の場合は鴨を捕ると言う正当な理由があるので、これには当てはまりませんが、翌日も車の中に積みっぱなしにしておくと、正当な理由はなくなるので注意して下さい。

まとめると

鴨を捕るためには色々と法律が絡んできますが、

スリングライフルについては、法律上は問題なし。

狩猟については、狩猟対象にしていい動物を、本州では11月15日から2月15日までの間に、鳥獣保護区以外の場所で、禁止猟法ではない方法(スリングライフルはOK)で捕れば問題なし。

スリングライフルの運搬方法は、鴨を捕り終わって家についたらすぐに下ろせば問題なし。

と、言うことになり、意外と自由に狩猟できます。

鴨の捕り方

上で書いたような法律を守れば誰でも鴨を捕ることが出来ますが、実際に捕るのは思ったよりも難しいです。

近くまで近づけばすぐに逃げてしまい、遠いと球が当たらない。鴨に狙いを定める時は微妙な距離感が大切です。

それと、周りの人目がすごく気になりました。

僕が実際に獲ってみて、取りやすいと思った場所や狙い方について説明します。

捕る場所

鴨を捕るために最も大事なのは猟を行う場所です。

水鳥なので、狙う場所は川や池などの水辺周辺になると思いますが、一匹や二匹ではなく少し離れたところに沢山いる場所がおすすめです。もし一匹目を外したとしてもすぐに別の鴨を狙えます。僕は家の近くの川で獲りました。

鴨がたくさんいる場所でも、人が多い場所はやめましょう。スリングライフルで鴨を狙っている姿は、まさに狙撃です。実際そうなのですが、遠目から見ると本物のライフルにも見えなくもないので、通報されたり、「かわいそうだ」と言ってくる人もいるかもしれません。

法律的には問題なく、食べるために殺すことは僕的には間違っていない事と思いますが、一応、人に見られない様にした方が無難でしょう。

狙い方

本物の銃と違い、所詮はDIYで作ったゴム銃なので、やはり命中精度はそれと比べると低いです。

なので可能な限り近づいて狙います。今回使ったスリングライフルでは、10m程度まで近づけほぼ確実に当てることが出来ます。鴨に気づかれると10mでも逃げてしまうので、逃げられるギリギリまでゆっくりと近づきます。

狙い目の鴨は陸にいるやつです。と言うか、川に浮かんでいる鴨を打ったとしても、その後取りに行くのが難しくなります。ただ、命中しても数十メートルほど飛んで行ったので、陸の鴨を打っても川の中まで飛んで行く可能性はあります。

鴨を獲った感想

魚や貝以外の動物を食べるために捕るのは今回が初めてです。魚と違い体温もあり、生々しい感じがしました。

それと、周りの人の目がすごく気になりました。市街地と言うほどではないのですが、普通に人が通るような場所だったので、鴨を狙っていると通行人が結構見てきます。悪い事をしているわけではないのですが、中には反対派の人達もいるので、次やるなら山の中でやろうと思います。

獲った鴨は自分で捌いて食べたのですが、首を切り落としたり、毛をむしり取ったりと、なかなか出来ない貴重な体験でした。

鴨鍋にして食べたのですが、売っている鴨肉とは違い、それ程美味しくはなかったです。血抜きをする時間がなかったので、血なまぐさい感じの野生の味でした。僕が獲ったのはマガモと言う種類だと思うのですが、多分売っている鴨は養殖の違う種類だと思うので、もともと味が違うのかもしれません。

まとめ

今回はスリングライフルで鴨を捕る方法と言うことで記事にしてみました。

なかなかこれをやろうと思う人はいないかもしれませんが、もしするのであればしっかりと法律とマナーを守って鴨猟をしましょう。

そして、獲った鴨は最後まで食べましょう。

ただ、野生の鴨はあんまり美味しくないです。美味しい鴨が食べたいのならおとなしくスーパーで買いましょう。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加