保温も出来て、倒してもこぼれない!最強のケトル「CK-AW10」購入レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

象印から販売されている電気ケトル、「CK-AW10」を購入して使用した感想を紹介します。

このケトルの特徴である1時間保温と倒してもこぼれにくい機能は、小さな子供のいる環境、調乳に最適な電気ケトルでした。

レクタングル(大)広告

CK-AW10の特徴

まずはこのケトルの特徴です。

ケトルにしてはかなり高額な物なのですが、他のケトルにはない機能があるので紹介します。

1時間の保温機能

まず最大の特徴、電気ケトルなのに湯沸かしだけでなく保温機能が付いています。

湯沸かし後自動的に保温モードになり、1時間保温してくれます。

普通のケトルでは湯を沸かしている事を忘れて、また沸かしなおすと言う事もあるかと思いますが、1時間以内であれば熱湯をキープしてくれます。

一度、電源プレートから外すと保温機能は解除されますが、本体の保温ボタン(上画像)を押すことにより再度保温モードになります。

倒してもこぼれにくい

フタは取っ手を摘まんで取り外すタイプですが、工夫されていて本体を倒してもお湯がほとんど漏れません。試しに逆さまにしてみましたが、数滴こぼれる程度でした。

お湯を注ぐ時はレバーを押します。

誤って倒してしまってもほとんどお湯がこぼれないので、小さな子供のいる環境でも安心して使うことが出来ます。

またこのフタの構造によって、沸騰時にも全く湯気が出ません。

プラチナフッ素加工の内容器

本体内側の内容器に、プラチナフッ素がコーティングされています。

メーカー的にはこれにより、なんやかんやでカテキンが増えるようですが、熱いお茶を飲まない派なので、その効果はわかりませんがフッ素コーティングされているので、水垢などは普通のケトルより付きにくいと思われます。

内側に見やすい水位線があるので、カップ麺や調乳時には必要な量だけ沸かすことが出来ます。

長さ調節が出来る電源コード

電源スタンド裏側はコードを巻くことが出来るようになっています。必要な長さだけ取り出して使えます。

長さも1.5mと長めのコードです。

沸騰お知らせメロディー

普通のケトルでは沸騰すると、カチッとスイッチの切れる音だけですが、このケトルは沸騰が終わるとメロディーが鳴ります。

設定で、電子音や無音にも切り替えることも出来ます。

ティファールの保温ケトルとの違い

上記の様に様々な機能が搭載されているCK-AW10ですが、最近ティファールからも保温機能の付いた最強っぽいケトルが発売されました。

ティファールの物は電源スタンドに液晶が付いていて、温度設定も出来ます。

本体は今まで通りの構造で、倒せば普通にお湯が漏れてしまうので、この点は象印の方が優れています。

ティファールの一番の特長は、やはり温度調節が出来るところです。

お茶やコーヒーを入れるときに、最適な温度があるらしいのですが、そう言うこだわりが有るのならティファールの方が良さそうです。

しかしほとんどの方がケトルに求めているのは、沸騰させる事だと思いますので、そう言った機能が不要な方にとっては、今回紹介した象印のCK-AW10が最強のケトルだと思います。

ラインナップ

今回紹介したのはCK-AW10で容量1Lのモデルです。

機能は全く同じで0.8LモデルのCK-AW8もありますが、高さが2cm高いだけで、ほとんどサイズは変わりません。なので容量の大きい1Lモデルがおすすめです。

カラーはどちらも2色。

トップの画像のメタリックブラウンと、もう一色のメタリックレッドです。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加